【e-BOOK無料ダウンロード】飲食チェーン店のアプリ事例公開|テイクアウト・サブスクなどWithコロナで即戦力となる最新アプリ販促 ~

この記事を書いた人
アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
店舗公式アプリ作成サービスを通じて飲食店の顧客台帳経営と販促をサポート。 その内容が「Withコロナ時代の即戦力アプリ」、「最も飲食店経営に寄り添ったサービス」として農水省後援の外食産業貢献賞を受賞する等、飲食業界や公的機関から高く評価。 このコラムでは3,000店以上のサポート実績から得た独自ノウハウや事例を公開する等、飲食店経営に役立つ情報を発信している。

ステーキのあさくま・スター食堂・PRONTO・蒙古タンメン中本・ナポリの窯など、3,000店舗以上の公式アプリ作成と顧客台帳経営をコンサルサポートをしている私たちアクティブ・メディアが『Withコロナで即戦力となる販促ノウハウ』を飲食チェーン店の最新事例を交えて初公開しているe-BOOK(電子書籍)を無料プレゼントします。

 

電子書籍では、飲食チェーン店の販促において大きな課題である以下の3つ

1.顧客データを集めるのが面倒…
2.販促担当者が忙しい…
3.費用対効果が分かりづらい…

これらをキレイさっぱり解決した私たちの独自ノウハウを公開しています。


✓ たった1年で20万人以上の会員を獲得

✓ 顧客データを「リピート率UP」「サブスク会員獲得」「アンケート収集」に活用するノウハウを公開!
✓ たった1通のメッセージが7800万円の売上になった販促企画とは?

弊社ノウハウは「Withコロナの即戦力」として農水省が後援する第24回 外食産業貢献賞を受賞(出前館さんとW受賞)するなど、外食業界でも高く評価されてもおります。

あなたの飲食店経営のヒントにしていただけ部分が必ずありますので、是非この機会にe-BOOKを無料ダウンロードしてください。

↓ ↓ ↓

無料メルマガ登録で今すぐe-BOOKをダウンロード

 

e-Bookの内容

飲食チェーン店の販促において、よくある大きな課題である以下の3つです。

 


1.顧客データを集めるのが面倒…

飲食チェーン店において「お客様の連絡先などの基本データ」「いつ来店していくら使ったのか?という購買データ」などの顧客データは非常に価値が高いものです。

そのため顧客データを収集しようと過去には紙のポイントカードを配ったり、アンケートをお客様にお願いしたり、QRコードによるメルマガ会員を募集する、などの施策を行っていた飲食チェーン店様はとても多いです。

しかし、紙の用紙などで顧客データを収集しようとするとお客様が自身の情報を書く手間や、書いてくれたとしてもその紙を本部で集めてデータにする手間など、かなり運用が大変になります。
また、QRコードが記載されたPOPなどをテーブルに置いてメルマガ会員を集めるという手法もEメールアドレスのドメイン指定解除などのトラブルが多く苦労されたご経験がある方も多いでしょう。

近年ではInstagramなどのSNSやLINE公式アカウントを運営されている飲食チェーン店様も多いですが、登録してくれたお客様が「いつ来店して、いくら使ったのか?」という購買データを集めにくいことから、せっかく集めた顧客データを活かしきれず投稿やメッセージの一斉配信ばかりになってしまっている店舗も多いでしょう。

このように多忙を極める飲食店の現場では、お客様に会員登録をお勧めしたり、登録のサポートをしたり、購買データを獲得するなどの余裕がなく、運用が面倒になってしまっているケースがほとんどです。

現場スタッフにサービスを浸透させるにはコツがあり、そのコツを外してしまうと「来店客数は多いのに全然顧客データが集まらない…」などの困った状態に陥ってしまいます。

 


2.販促担当者様が忙しい…

次に、せっかく苦労して顧客データを集めても、販促担当者が忙しくて顧客データをしっかりと分析して、次の販促に活用する方法を考案するなどが上手くできない…という課題があります。

性別・年代・利用目的(おひとり様、ファミリー、デート、ハレの日)など、各客層であなたの飲食店のどんな部分が喜ばれているのか?または不満を感じられているのか?というのをしっかりと把握する必要があります。

そして、喜ばれている部分は次の販促に活用したり今後伸ばしていく部分となりますし、反対に不満を感じられている部分は早急に改善すべき点となります。

このように顧客データは、あなたの飲食店の強みと弱みを可視化してくれる非常に価値が高いものです。

しかし、飲食店経営に顧客データを活用するための分析方法にもコツがあり、販促担当者様が忙しくてそのコツを外してしまうと「顧客データはあるがお客様が何を考えているのかは分からない…」などの困った状態に陥ってしまいます。

 


3.費用対効果が分かりづらい…

そして、飲食店現場スタッフが集めた顧客データを、販促担当者様が分析して次の販促に活用したとしても、その費用対効果を把握しづらい…という課題があります。

例えばLINE公式アカウントで宣伝をしたとします。
全体でどれくらいの人がメッセージを読んだのか?クーポンを使用したのか?というのは把握できます。
しかし「どんな客層が」どれくらいメッセージを読んでクーポンを使用したのか?は把握しづらく、さらにそのクーポン使用者はその後リピートしているか?など継続的に追うこともできません。

客層別に把握できないと、各客層が喜びそうな個別アプローチや改善もできません。
その後リピートしているのか把握できないと、効率よくVIP客(お店のファン)を増やすこともできません。

さらに、実行した販促が「どれくらいの売上に繋がっているのか?」を明確に把握できないと飲食チェーン店本部として、今後その販促にどれくらいの予算をかければ良いのか?の判断が難しくなるでしょう。現場スタッフとしても売上UPに繋がっているのか?やお客様が喜んでいてVIP客(お店のファン)がしっかり増えているのか?などを把握できないと、顧客データ収集の作業効率も落ちていってしまいます。

せっかく顧客データを集めて分析して販促を実行しているのですから「どれくらいの効果があったのか?」を明確と把握して、本部と現場で活かさないともったいないです。

 


こうした3つの課題を全て解決することができる私たち独自のノウハウ・具体策を紹介いたします。

新型コロナの影響で来店数が落ち込んでしまい、その対策としてテイクアウトやデリバリーなどを新しく始めた方も多いのではないでしょうか。
このようにWithコロナなど時代の変化に対応するために飲食店が何か新しいことを始めた時に「すぐに買ってくれる顧客」がいるのといないので大きな差が出ます。
飲食チェーン店にとって顧客データをたくさん集めて、活用することがこれからさらに重要になります。
現場スタッフに負担をかけずにお客様に喜んでいただきながら顧客データを収集することを私たちは得意としていますので、その具体策を紹介します。

↓ ↓ ↓

無料メルマガ登録で今すぐe-BOOKをダウンロード

 

 

当e-Bookで得られること

このe-Bookでは、実際の飲食チェーン店の「顧客データの収集・分析・活用の具体策」をたくさん紹介します。

✓たった1年で20万人以上の顧客データを獲得!(78店舗のレストランチェーン店)

✓たった1年で10万人以上の顧客データを獲得!(26店舗のラーメンチェーン店)

✓全来店客の40%を会員化させることに成功!(8店舗の焼肉チェーン店)

✓たった1通の販促メッセージで7800万円の売上に!(11店舗の焼肉チェーン店)

✓コロナ禍下でも配信後すぐに1400人が来店したメッセージとは?(10店舗のレストランチェーン店)

✓ハレの日需要を狙った販促で5100万円以上の売上に!(9店舗の焼肉チェーン店)

✓離反しかけていたVIP客161人を呼び戻すことに成功!(11店舗の焼肉チェーン店)

 

など、たくさんの事例に触れることで、あなたのアイディアの源泉が刺激されます!

ぜひダウンロードしてご一読ください。

↓ ↓ ↓

無料メルマガ登録で今すぐe-BOOKをダウンロード

 

 

お客様の声

このe-BOOKで紹介するノウハウを実行した飲食チェーン店様の声を紹介します。

 


ハートフル一心亭 様(現在10店舗展開する焼肉チェーン店)

代表取締役 小野敦司様

当店は青森県に密着した、地元客ほぼ100%の焼肉店です。
人口減少が進む中でなかなか一見客が見込めない、限られた人口の立地で売上を増やすには、リピートを増やすしかありません。

青森県の人口は約125万人です。
人口動態では今後毎年1万人近く減少すると予測されており、今後10年で10万人規模が減るとすれば売り上げを増やす以前に、売上を維持するのも大変です。
なので、末永く多数ご来店いただける根強いファンを獲得し、地域内シェアを高めていかなければなりません。
そのためには一人一人のお客さまに個別対応できる集客ツールが必要と思い、公式アプリを作って顧客台帳経営を強化しました。

その導入効果は抜群です。
ポイント特典、クーポンDM、顧客動向分析など、複雑な販促業務を一元管理できます。
手間と経費を大幅に削減できるだけでなく、お客さま一人ひとりを尊重した幅広い提案が可能となり、販促通知の効率も飛躍的に向上しました。

 


食辛房 様(現在11店舗展開の焼肉チェーン店)

専務 金 良高 様

元々は紙のアンケート用紙をお客様に配った時や、七夕などのイベントで抽選参加する時に、お客様のお名前と住所をいただいて、そちらにDMを郵送していました。

ただ、紙媒体の販促は費用がかかる…
そして、イベントやお客様の名前や住所をいただいても、パソコンに打ち込んだりする管理の手間も大変…
と思っていて、顧客情報の収集は「名前」と「住所」くらいで限界を感じていました。
そのためターゲットを絞り込む効果の高い販促はできないという悩みはありました。

もっとお客様と強い絆を作るためのリピート戦略を効果的に行いたい!と思って顧客台帳経営に力を入れることに決めました。

少子高齢化のこれからの時代、早いうちから他との差別化を考えねばなりません。
飲食において「モノ」は差別化が難しい。模倣が比較的簡単です。
ただ「サービス」は人材育成が必要な分、模倣は難しい。
だから、他社との差別化を図るには「人財育成」「サービス」強化が大切だと思います。

もっとお客様に喜んでいただくために、手間なく顧客情報を収集し、サービスを向上させるためにアプリを導入しようと決めました。

現在8万人以上のアプリ会員様がいますが、予想していた通り、ご本人のお誕生日や、ご家族のお誕生日にご利用いただくお客様は多いです。
今まで誕生日販促はできていませんでしたが、記念日利用が多いことを再認識できました。

飲食店として、他社と他業種と差別化するには「サービス」力を高めることが大切です。
優秀な店長だけができる属人的要素に頼ることなく、本部としては「サービス」力を高める仕組みを考えなければなりません

簡単に顧客情報を収集し、サービス力を高める仕組みの土台となるシステムとしてオリジナルアプリはとても有効ですよ。

 


などなど、現在3,000店以上のサポートをしており、飲食チェーン店様の導入後のサービス継続率は98%を維持するなどご好評いただいております。

さらに、クライアント様だけでなく外食業界からも高く評価されておりまして、2020年9月に当サービスが

・外食産業の活性化に貢献した
・新型コロナの危機対応に尽力した
・次世代型ビジネスを開拓した

などの点を評価していただき農林水産省が後援する日本食糧新聞社が主催の第24回外食産業貢献賞を「出前館」さんと共にダブル受賞するなど、官公庁からも高く評価していただいております。

最も飲食店経営に寄り添ったサービスである!と自負しておりますので、御社でもアプリ運用や顧客管理、販促の強化などをお考えであれば、ぜひ私たちにご相談ください。

 

 

e-BOOKの無料ダウンロード|お申込みフォーム

下記のお申込みフォームに必要事項をご入力いただき無料メルマガに登録すると、e-BOOKのダウンロードURLが自動メール返信されます。

※メルマガご登録後は「弊社の最新ノウハウや事例」「飲食店で使える補助金や助成金など」「外食産業の最新情報」など飲食店経営に役立つ情報を不定期で配信させていただきます。

※メルマガはいつでもワンクリックで解除可能ですのでお気軽にご登録ください。


▼お名前 (必須)

▼貴社名・貴店名 (必須)

▼メールアドレス (必須)

▼その他(ご質問などをご記載ください)