【成功事例の資料公開】各店舗で月100件のアンケートを収集し経営にフル活用

この記事を書いた人
アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
店舗公式アプリ作成サービスを通じて飲食店の顧客台帳経営と販促をサポート。 その内容が「Withコロナ時代の即戦力アプリ」、「最も飲食店経営に寄り添ったサービス」として農水省後援の外食産業貢献賞を受賞する等、飲食業界や公的機関から高く評価。 このコラムでは3,000店以上のサポート実績から得た独自ノウハウや事例を公開する等、飲食店経営に役立つ情報を発信している。

私たちアクティブ・メディア株式会社は飲食店様に特化した会員証アプリ作成サービス|レストラン★スターを提供しておりまして、そのアプリにはアプリ会員様にアンケートをとる機能があります。

そのアンケート機能を中心にアプリ販促の成功事例を紹介する資料を公開いたします。

資料の閲覧・ダウンロードはこちら(↓)のフォームからお願いいたします。

※フォーム入力後に自動的に遷移する次のページ内にある「②販促事例の資料:アプリのQSCアンケート機能を活用した販促」というリンクURLをクリックするとPDF資料が表示されます。

 

アプリでアンケートをとるメリット

アプリによるアンケートなら、紙のアンケートよりも回答してもらいため多くのデータが集まります。
さらに、データの集計がカンタンなので現場スタッフに負担がかかりません。

そして、覆面調査(ミステリショッパー)はコストが高いため定期的に実施するのが難しい・・ ・でも、アプリなら定額でアンケート取り放題なので常にQSC をチェックできます。

 

成功事例の資料で紹介する飲食チェーン店様

株式会社クリエイティブ プレイス(私たちアクティブ・メディアのパートナー企業)

・日本酒原価酒蔵を首都圏中心に20 店舗展開(日本酒専門店で日本一)

・2年間の運用でアプリ会員23 万人超

・各店舗で月100 件以上のアンケート獲得

・リピーター売上構成比55%

・アンケートデータを評価制度に活用

など、実績を持っている企業様で私たちの提供する会員証アプリを運用しています。

nihonnshu-app

 

アプリ導入前は以下のようなお悩みをお持ちでした。

✓覆面調査を導入するも最大で月10 件程度・・・
 これでは件数不足で信憑性が低い・・・

✓イベントや新メニューの告知が店内でしか出来ない・・・
 店内POP 、チラシ配布、イベント施策実行もあまり効果なし・・・

✓実際にお客様がどれほど再来店しているのか不明・・・
 結局どれくらいの売上に繋がっているのか分からない・・・

このようなお悩みをアプリ導入によってどのように解決したのか?を売上などの具体的な数値を交えて詳しく紹介する資料となっております。

あなたの飲食店経営のヒントにしていただける部分が必ずあると思いますので、是非この機会に資料をダウンロードしてご覧ください。

 

資料ダウンロードはこちら

資料の閲覧・ダウンロードはこちらのフォームからお願いいたします。

※フォーム入力後に自動的に遷移する次のページ内にある「②販促事例の資料:アプリのQSCアンケート機能を活用した販促」というリンクURLをクリックするとPDF資料が表示されます。

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。