数字で見る!飲食店の収益改善のためのデータ分析手法

飲食店がビジネスを拡大するためには、業界のトレンドを把握し、お客様のニーズに合わせた適切な戦略を取る必要がありますが、そのためにデータ分析が必要です。
本記事では、飲食店がデータ分析を活用することで得られるメリットや具体的な手法、課題や解決策について紹介します。

飲食店がデータ分析を活用することで、より効果的なビジネス展開が可能になります。
そのため、データ分析の重要性や活用方法について知ることができる本記事は飲食店経営者やマーケティング担当者にとって参考にしていただける内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

はじめに

現在、飲食店業界は多様化が進み、お客様のニーズに合わせた戦略が求められています。
そんな中、データ分析を活用することでお客様の嗜好を把握したり、効率的な運営方法を見つけたり、など業績を向上させる様々なメリットが期待できます。

本記事では、飲食店がデータ分析を活用することの重要性や活用方法、そしてその効果について詳しく解説していきます。

 

飲食店がデータ分析を活用することで得られるメリットとデメリット

飲食店がデータ分析を用いることで得られるメリットついて解説いたします。

顧客管理データ

飲食店がデータ分析を活用することで、顧客嗜好の把握や在庫管理、売上予測など様々な面でメリットがあります。
例えば、顧客嗜好を分析することで、おすすめのメニューやプロモーション戦略の立案に役立ちます。
また、在庫管理においても、需要予測に基づく効率的な発注や在庫調整が可能になり、ムダな在庫の発生を抑えることができます。

同時に、データ分析を活用することで生じるデメリットやリスクについても考察する必要があります。
例えば、データ分析を導入するためのコストや個人情報を保護するための環境作り、分析結果に基づいた経営戦略が誤っていた場合のリスクなどが考えられます。

 

飲食店のデータ分析の具体例

先述したように飲食店にとって、データを分析してお客様の嗜好や傾向を把握することはマーケティング戦略を立てるために重要です。

例えば、以下のようなデータを分析することでマーケティング戦略や経営に活用することができます。

 


顧客属性データを分析して好みを把握する

居酒屋店の既存顧客集客について

まず、顧客の属性に着目したデータ分析手法があります。
顧客の属性とは、年齢や性別、職業などです。
例えば、若年層に人気のあるメニューや、女性客に人気のあるメニューなど、属性別に売上データを分析することで、顧客の嗜好や傾向を把握することができます。

 


来店履歴データを分析して販促を効率化する

次に、来店履歴に着目したデータ分析手法があります。
来店履歴とは、顧客の来店回数や来店日時、来店間隔などです。
例えば、月曜日のランチタイムに来店する客が多いということがわかった場合、その時間帯にランチセットなどのお得なメニューを提供することで、より多くの客を集めることができます。

 


アンケートデータを分析してQSC改善に役立てる

アンケート アイキャッチ

さらに、アンケート結果に着目したデータ分析手法があります。
アンケート結果とは、顧客からのアンケート回答の内容です。
例えば、好きな料理や食材、サービスに関する意見などを分析することで、顧客の嗜好や傾向を把握することができます。
また、アンケートデータをQSCチェックに活用して、スタッフ教育などに活用するのもオススメです。

※飲食店で収集したアンケートデータを分析して経営に活用する方法などを以下の記事で公開しています。もしよろしければ併せてご覧ください。

≫飲食店が実施するアンケートに関する消費者の意識調査

≫飲食店のQSCを徹底解説|効率よくデータを集めて経営に活用する具体策

≫飲食店でアンケート活用して顧客満足度と売上をアップさせる具体策

≫QSC強化のためにこれだけは聞きたい!集客に役立つアンケート3選・回答率UPのコツ

≫飲食店のQSCH(ホスピタリティ)向上に大切な3つのポイントと事例

 


データを分析して売上を予測する

飲食店における売上予測は、将来的にどれだけの収益が見込めるかを把握するために欠かせないものです。
そこで、飲食店ではデータ分析を活用して売上予測を行うことがあります。
データ分析により、過去の売上データや来客数、天気、季節などの情報から、将来の売上を予測することができます。

適切な売上予測を行うことで、効率的な在庫管理やスタッフのスケジュール調整など、様々な業務に役立ちます。

 


データを分析して在庫管理を効率化する

飲食店にとって在庫管理は、収益性や顧客満足度の向上に重要な役割を担っています。
しかし、適切な在庫管理をするためには、顧客の需要予測を正確に行い、在庫レベルを適切に調整する必要があります。
そのためにデータ分析を活用することで、正確な在庫管理が可能となります。

例えば、過去の売上履歴や顧客データを分析することで、特定の時期や曜日において需要が高まる傾向がある商品を予測することができます。

また、飲食店の在庫管理においては、在庫の量だけでなく、品質や消費期限も考慮する必要があります。
データ分析を活用することで、在庫の廃棄量を減らすことができ、無駄を削減することができます。

 


データ分析を用いて新メニューを開発する

飲食店において、新しいメニューを開発することは、お客様に楽しさや新しさを提供するとともに、売上を拡大するための大切な施策の一つです。
しかし、新しいメニューを開発する上で誰かの勘や経験に頼ったりしていると効率的でありません。

データ分析を用いた新メニュー開発では「お客様がどのようなメニューに興味を持っているのか?」、「どのようなメニューが売れ筋なのか?」、「どのようなメニューが需要があるのか?」など、多くのデータを分析すると効率がよくなります。
また、過去の売上データから「どのようなメニューをどの時期に開発するとよいのか?」などの予測を立てることもできます。

そのためには、まず顧客の口コミデータやアンケートデータなどの情報を収集し、顧客の嗜好や傾向を分析します。また、同様に競合店のメニューや売上データも分析します。
その上で、データ分析の結果をもとに、新しいメニューのアイデアを出し、開発します。
例えば、競合店ではない独自のメニューを開発する、旬の食材を活用する、健康志向のメニューを開発するなど、様々なアイデアがあります。

さらに、開発した新メニューを「限定メニューとして先行販売する」など、お客様の実際の反応を見ながら改善していく手法もあります。

このようにして、より良いメニューを開発し、常設メニューとして採用することも可能です。

 

飲食店がデータ分析に取り組む上での課題と解決策

飲食店がデータ分析に取り組む上での課題は以下のようになります。

 


データの質の低さ

データの質が低いと、正確な分析が行えず、結果として不正確な判断や誤った施策を実施してしまうことがあります。

この解決策としては、正確で信頼性の高いデータを収集するために自社システムによるデータ収集や外部サービスを利用するなど、データの品質向上に取り組む必要があります。

 


データの扱い方の不明確さ

データを扱うことに慣れていないスタッフが多い場合、正しいデータ分析の方法や結果の解釈ができないことがあります。

この解決策としては、データ分析のスキルを持ったスタッフを採用するか、データ分析をアウトソーシングすることで、正確な分析を行い、適切な施策を実施することができます。

 


ビジネス目標とのズレ

データ分析によって得られた結果が、ビジネス目標と合致しない場合、その分析結果はあまり役立ちません。

この解決策としてはデータ分析を行う前に、ビジネス目標を明確にし、分析の目的を明確化することが重要です。
また、ビジネス目標と分析結果を比較して施策に反映することで、目標達成に向けて効率的になります。

 


データ保護に関する問題

データ分析には、個人情報保護や情報セキュリティに関する問題がつきものです。
特に、カード情報や住所など、個人情報を扱う場合は、十分なセキュリティ対策が必要です。

この解決策としては、データ保護に関する法律や規制を遵守することはもちろん、情報セキュリティに関する対策を実施することが必要です。
また、個人情報の取り扱いについてスタッフに教えてマニュアル化するなどの施策も大切です。

 

飲食店でよく用いられるデータ分析ツールの種類と特徴

飲食店でデータ分析をする際には、いくつかのツールが使われます。
本章では、代表的なツールの種類と特徴について紹介します。

 


Excel

Excelは、表計算ソフトウェアであり、飲食店だけでなくビジネスの現場で広く使われています。
Excelを用いることで、集計やグラフ化、予測などの機能を使い、効率的なデータ分析が可能となります。
また、Excelは使っている人が多いこともあり、導入の敷居が低くて扱いやすいというメリットもあります。

ただ、最近では軽減税率やキャッシュレス決済など飲食店の会計処理も複雑化してきていますし、集客や販促ツールも多岐に渡ります。そのため、Excelでは管理しきれない部分や見落としが生まれてきてしまうこともあり、しっかりした分析を行うには専門的な知識が必要になります。

 


POSレジ

飲食店レジ

POSレジとは、お客様が商品を購入した際の情報を記録するシステムです。(ちなみにPOSとはPoints of Salesの略で、「販売時点情報管理」という意味を持ちます)
売上や在庫、顧客データなどをリアルタイムで把握することができるため、POSレジは飲食店の経営において非常に有効なツールとなっています。
また、最近では分析機能を実装させていることも多いので、より使いやすいシステムが多くリリースされています。

※飲食店のPOSレジについては以下の記事に詳しくまとめてありますので、もしよろしければ併せてご覧ください。

≫飲食店向けPOSレジ17選・比較検討ポイント

≫飲食店に最適なレジは?必須となる機能は?など徹底解説

 


CRMツール

CRMツールとは、顧客管理ツールのことであり、顧客データを管理・分析するためのツールです。
顧客の購買履歴や嗜好などを把握することができるため、顧客ターゲティングやキャンペーン企画などに活用されます。

私たちが提供する『飲食店アプリ作成サービス|レストラン★スター』も、このCRMツールに分類されます。

アプリデザイン例

レストラン★スターは、あなたの飲食店のオリジナルアプリを作成して「アプリのダウンロード数UP」や「販促効果を最大化」など運用まで徹底サポートするサービスです。
アプリには「ダウンロードしたお客様のデータを管理する機能」や「お客様に再来店を促すための販促機能」、「お客様の声を集めるアンケート機能」など、データ分析に役立つ機能が完全網羅されております。
また、集めたデータを分析して経営に活用することまでを考えたサービスとなっておりますので「多忙を極める飲食店にとって非常に効果が出やすいサービスである!」と自負しております。

詳しくは『サービスの詳細をまとめた資料』や『導入した飲食チェーン店様へのインタビューと販促具体策を公開した事例集』を公開しておりますので、以下からダウンロードして是非ご覧ください。

資料ダウンロード

必要事項をご記入ください。
すぐに下記の詳細資料がダウンロードできます。

プライバシーポリシーをご確認、ご同意の上、「同意して送信」ボタンを押してください。
※アクティブ・メディア株式会社から最新のお知らせなどお送りすることがあります。

    会社または店舗名必須

    ご連絡先電話番号必須

    担当者氏名必須

    メールアドレス必須

    導入をご希望の店舗数必須

    ご希望の資料(複数選択可)必須

    ①システム概要の資料②QSC販促事例の資料③インタビュー・事例集

    お問い合わせ内容任意

    1システム概要の資料:飲食店公式アプリ作成サービス
     レストラン★スター

    飲食店向けオリジナルアプリ作成サービス レストランスター

    ダウンロード

    内容
    • サービス概要
    • 機能①会員証をDX
    • 機能②ポイントカードをDX
    • 機能③リピート販促をDX
    • 機能④顧客管理をDX
    • 機能⑤アンケートをDX
    • 効果を最大化する3つのサポート
    • 運営会社(導入・開発の実績) etc.

    2販促事例の資料:アプリのQSCアンケートを活用した販促

    飲食店ロイヤルカスタマー育成 コンサルティングサービス紹介資料 アクティブ・メディア株式会社

    ダウンロード

    内容
    • QSCアンケート機能の特徴
    • 紙のアンケート・覆面調査との比較
    • 成功事例(日本酒原価酒蔵様)
    • アンケート機能の活用例
    • クーポン機能・分析データの活用例 etc.

    3アプリ導入インタビュー・事例集

    飲食店ロイヤルカスタマー育成 コンサルティングサービス紹介資料 アクティブ・メディア株式会社

    ダウンロード

    内容
    • FTG Company様
    • ステーキのあさくま様
    • 0秒レモンサワーⓇときわ亭様
    • クリエイティブプレイス様
    • スター食堂 様
    • 金剛園 様 etc.

    以上が、飲食店でよく用いられるデータ分析ツールの種類と特徴です。
    これらのツールを使いこなすことで、飲食店の経営改善につなげることができます。

     

    飲食店がデータ分析を活用することで得られる将来予測とビジネス展望

    データ分析を活用することで、飲食店は将来予測を行うことができます。

    具体的には、売上・顧客数・季節や天候などの外的要因などのデータを分析することで、将来の需要を予測することができます。
    例えば、どの商品が売れ筋であるかや、お客様がどのような嗜好を持っているかなどの情報を把握し、それをもとにメニューやサービスの改善を行うことができます。

    また、お客様の来店頻度やアイテムの購買履歴などを分析することで、お客様の嗜好や傾向を把握し、ターゲット層に合わせたマーケティング戦略を立てることができます。
    そして、需要予測の精度が上がることで無駄な在庫を抱えることなく適切な仕入れを行うことができるため、収益性の向上にもつながります。

    さらに、データ分析を活用した飲食店の将来像については、より顧客満足度が高いサービスが提供され、競合他社との差別化が進むことも期待できます。

    今後も、データ分析を活用した飲食店を発展させるためにデータ分析の重要度は増していくでしょう。

     

    まとめ

    以上、飲食店におけるデータ分析の重要性と具体的な活用方法について解説してきました。

    飲食店は、顧客嗜好の変化や競合店の出現など、常に変化する環境下でビジネスを展開しています。こうした状況において、データ分析を活用することで、顧客ニーズの把握や効果的なマーケティング施策、売上予測や在庫管理、新メニュー開発など、多くの業務において効率的かつ正確な意思決定を支援することができます。

    しかし、データ分析による活用を始めるにあたり専門知識や技術が必要であり、また、膨大なデータを扱うためには十分なシステムや設備が必要になる場合があります。
    したがって十分な準備と投資が必要となるでしょう。
    それでも、データ分析を用いた飲食店の業務改善は、今後ますます重要な役割を果たしていくことでしょう。

    私たちはレストラン★スターアプリを通じて飲食店のデータを収集・分析して、そのデータを経営に活用することのプロフェッショナルです。
    あなたの飲食店でも「顧客台帳データを作りたい!」とか「データを経営に活用する仕組みを作りたい!」などお考えであれば、ぜひ私たちにご相談ください。

    あなたからお問合せをお待ちしております。

    それではこの記事は以上です。
    あなたの飲食店経営のヒントに少しでもしていただけ部分があれば幸いです。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    この記事を書いた人
    アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
    店舗公式アプリ作成サービスを通じて飲食店の顧客台帳経営と販促をサポート。 その内容が「Withコロナ時代の即戦力アプリ」、「最も飲食店経営に寄り添ったサービス」として農水省後援の外食産業貢献賞を受賞する等、飲食業界や公的機関から高く評価。 このコラムでは3,000店以上のサポート実績から得た独自ノウハウや事例を公開する等、飲食店経営に役立つ情報を発信している。