飲食店集客に役立つGoogleマイビジネス(MEO対策・ローカルSEO)徹底講座

この記事では前回の記事に引き続きましてGoogleマイビジネスでライバルとなる飲食店に差をつけて、集客に繋げるためのノウハウについてお伝えしていきます。

特に口コミは飲食店集客において非常に重要となりますので、そのコツについても詳しく紹介します。

 


<この記事の目次>

1.Googleマップの検索順位を決定させているルールとは?
 1-1.位置
 1-2.関連性
 1-3.知名度
2.MEO対策3大要素
 2-1.写真を充実させる
 2-2.口コミを集める
  2-2-1.数を獲得する
  2-2-2.定期的に獲得する
  2-2-3.口コミ集めの心構え
  2-2-4.口コミ集めのコツ
 2-3.投稿する
3.お客様目線で考えることが大事
4.リピートさせる仕組み作りが大事


 

1.Googleマップの検索順位を決定させているルールとは?

まず、Googleでのマップ検索でも、その結果で上位に表示される方が露出が増えますので集客に繋がりやすくなります。そのために工夫する施策を一般的にMEO対策とかローカルSEOと呼びます。

そのGoogleマップで上位表示させるアルゴリズム(ルールのようなもの)でGoogleが公式発表している3つの基本要素を紹介します。

 


1-1.位置

まずは位置です。
ユーザーがどこから検索したかによってランキングは変わります。
例えば、東京都の新宿エリアで飲食店を探してる人に、沖縄県那覇エリアの飲食店の情報を出しても、あまり意味がないですよね。

飲食店アプリ

検索した地点から近い飲食店を、結果として出した方が、ユーザーのためになるとGoogleが判断して、近くにあるお店が表示されやすい仕様になっています。
ということで検索地点からの距離によってランキングが変わります。

 


1-2.関連性

次に検索ワードからの関連性です。
居酒屋と検索して、美容室の情報を出しても意味がないですよね。

 


1-3.知名度

そして知名度です。
こちらは要素が色々ある上に人工知能によってランキングが変わってきます。

どんな要素がランキングにどれくらい影響するのか、アメリカのマーケティング会社MOZさんが調査して詳細を調べていますので紹介します。

その要素は大きく8つありまして、今回この記事ではこの8つの要因をすごくざっくり説明します。

 

 

◆Googleマイビジネス掲載…25.12%

まず当たり前ですが、「Googleマイビジネスに掲載」していることが一番大切です。

 

◆被リンク…16.53%

そして「被リンク」で、これは他のサイトであなたの経営する飲食店がリンク付きで紹介されているかどうかといったものです。

 

◆レビューシグナル…15.44%

口コミの数です。

 

◆ページ内要因…13.82%

次に「ページ内要因」で、通常のSEOと同じように、コンテンツ内に地域を特定できるキーワードや情報が多く含まれており、検索ユーザーにとって分かりやすくなっているか?という部分になります。

 

◆サイテーションシグナル…10.82%

次に「サイテーションシグナル」で、こちらも被リンクと似てますが他のサイトであなたの経営する飲食店が話題にされている量です。

 

◆ユーザー行動シグナル…9.56%

「ユーザー行動シグナル」はビジネス情報からサイトに移動した回数や、電話された数などです。

 

◆パーソナライゼーション…5.88%

「パーソナライゼーション」とは、ユーザーの過去の閲覧履歴などが加味されます。

 

◆ソーシャルシグナル…2.82%

最後の「ソーシャルシグナル」は、例えばツイッターなどのSNSで、あなたの経営する飲食店の名前がたくさんつぶやかれているといったものなどです。

以上、とてもざっくりとした説明ですが知名度の部分は、これらの要素で構成されています。

ということで位置、関連性、知名度というこの3つで、Googleは検索ランキングを決定させています。
それを踏まえつつ、小難しいことは省いてシンプルに、あなたの経営する飲食店のGoogleマイビジネスを、どのようにすると集客に繋がるのか?を次章から解説いたします。

 

 

2.MEO対策3大要素

ライバルとなる飲食店に差をつけるための応用設定、MEO対策3大要素と私たちが呼んでいるノウハウを紹介します。

Googleマイビジネスに登録が完了すると、下記赤枠ような感じであなたの経営する飲食店の情報が表示されているようになります。(画像は一例で当社のものです)

Googleマイビジネス紹介画像

私たちの経験上、こちらをどのように工夫すると集客できるようになるのか?効果が高かったものを3つに絞って紹介します。

注意点として、当然ですがGoogleはMEO対策ノウハウを非公開にしていますので、
当セミナーのノウハウは、弊社のこれまでの実績・経験に基づくもので、絶対の効果をお約束するものでありません。

 


2-1.写真を充実させる

それでは3大要素を順番に紹介しますと、まずあなたの経営する飲食店の雰囲気が伝わりやすくなるように写真を充実させます。

Googleが自動で割り振った写真が表示されている状態はダメです。
何も写真を登録していない場合は、駐車場とか適当な写真が割り振られてしまいます。
※こちら(↓)は良くない例です。

 

お店の外観、店内、スタッフ、メニューなどの写真をしっかりと登録するようにします。

ポイントとして写真は合計で10枚以上登録されている方が良いです。
私のクライアントでは、写真を増やしたことで順位が上がった店舗様が複数いらっしゃいましたので、多い方がランキングが上がる傾向があります。
ただまぁ、ランキング云々ではなく、単純にお客様が求めている情報なので積極的に載せていった方が良いと思います。

【飲食店の集客】現状課題と解決策(2019最新版)

お客様は初めて利用するお店に対しては、不安でいっぱいですので、
出来るだけ多くの情報を与えて、その不安を解消してあげるようにします。

 

 


2-2.口コミを集める

そして、口コミを集めます。

口コミ評価

口コミなしや、薄い内容の口コミばかりではダメです。
また短期間での大量の口コミを獲得しており、その後動きがないのもダメです。
量よりも「質と定期性」が大事になりますので、濃い内容の口コミを、長期間で定期的に獲得するようにしましょう。

 

2-2-1.数を獲得する

口コミの獲得はGoogleマイビジネスを活用して集客するために非常に重要なことなので、少し重点的に解説します。

重要な理由としては、前章でお話したGoogleマップで上位表示させるアルゴリズムは「位置」「関連性」「知名度」という3つの要素とお話しました。
この3つの要素は、飲食店の努力次第で変えることができるものと、変えられないものがあります。

飲食店の位置は変えることはできません。
近くに新しい駅とかが出来れば変わりますが、そういうことはあまり起きません。

関連性もほとんど変えることはできません。
色々なキーワードをビジネス名に付けて長くするのはルール違反だからです。

しかし、知名度の部分は変えることができます。
飲食店が努力して口コミを集めればライバルに差をつけることができます。

そして、Googleの公式発表でも「口コミ獲得が検索順位に影響する」と言っていますので、たくさん獲得することで良い影響を及ぼします。

 

2-2-2.定期的に獲得する

しかし逆に、口コミの獲得をサボってしまう。例えば10件の口コミを1週間で集めると一時的にランキングは上がります。
しかし、その後何もしないで3ヶ月経過するとランキングは下がってしまうことが確認されています。

1.平日に売上が上がらない

当社クライアントの店舗様の事例で、口コミ獲得をストップしたら、クリック率が低下して、ランキング下がってしまったということがありました。
下がってしまう理由を少し極端な例え話で説明いたしますと「10年前に書かれた口コミ」というのは今のお店の評価とはあまり関係が深くないですよね。
ということで口コミにも賞味期限的なものがあります。
Googleはその設定を約3ヶ月にしていて、3ヶ月口コミがないと検索ランクが下がり始める…ということが一部確認されています。

 

2-2-3.口コミ集めの心構え

次に口コミ集めを実施する上での心構えについてお話します。

まず、いただいた口コミに対して返信するということです。
それだけで口コミの信憑性が高まり、他のユーザーにも安心感を与えて、来店まで繋がりやすくなります。

あと悪い口コミが入ってきた時は、焦らないで大丈夫です。
口コミの平均点が5よりも4.9の方が来店率が高いというデータもありまして、全て良い口コミの5点満点より、少しくらい悪い口コミもある方が現実的ですし、信憑性も高まります。
そして、その悪い口コミに誠意ある対応で返信をしていれば、検索ユーザーの飲食店への信頼感は逆に高まると思います。

★1の口コミが入ったら、それを消すことに躍起になるのではなく、★5の口コミをたくさん集めて打ち消していくという感覚が大事だと思います。

 

2-2-4.口コミ集めのコツ

そして、口コミ獲得のコツも紹介したいと思います。

まず、話し方ですが、こちらは「口コミを書いてください」と普通にお願いをすれば書いてもらえます。
「あの店舗なんかやたら口コミが多いな…」というところは大体普通に「お願い」の声かけを徹底しているだけなんですね。

3-2.女性が普段遣いできるような飲食店は強い

特別な割引クーポンを付けたりしているわけではなく、過度に値引きをすることは不要だと当社は考えています。
割引目的のお客様よりも、本当にサービスに満足してくれているお客様だけにお願いした方が絶対濃い口コミが入ります。

濃い口コミに関してもう一つ付け加えると、私達では直接の声掛けだけでなく、メールでもお願いをしていますが、
直接の声掛けの方が口コミが集まりやすいですし、濃い内容で書いてくれることが多いです。

 

 


2-3.投稿する

Googleマイビジネスには、飲食店の情報を投稿できる機能があります。

ここでは、おすすめメニューや実施中のキャンペーンなどの情報を投稿して来店を促すようにします。

【飲食店の集客】イベント開催のメリット・手順・成功ポイント・企画例

 

投稿が一切なしや、同じ内容や、同じ写真での連続投稿はダメです。

インスタ映えするような画像を設定にすると、かなりクリック数が増加されます。
こちらはランキングが上がるというよりアクセス数が増えるという方の効果が大きいです。
もし活用されていないのであれば積極的に良い写真を設定していくことでライバルと差をつけることができます。

 

ちなみに弊社クライアントの店舗様では普通のスタイル写真にプラスして、当社デザイナーがバナーを作成して投稿したら、クリック数が大きく増加した例もたくさんあります。

投稿の重要性をお伝えする意味で、ここで当社クライアント様の店舗様の事例を紹介します。
その店舗様はたまプラーザ駅にある店舗様ですが、駅にある同業のお店の中で最も距離が遠いお店でした。しかし、工夫次第で上位に表示されるようになりました。

 

その工夫と言うのは「頻繁に投稿する」ということです。

当社では、この店舗様用に数種類のバナーを作成して、週に2つずつ様々な組み合わせで投稿をし続けました。
そのバナーの内容を見て気になった人は「投稿」を押してウェブサイトを閲覧しに行くという流れになります。

投稿バナー

私たちはこの店舗様にご協力いただき、口コミを獲得するよりも前に、投稿をたくさんするようにお願いしました。するとランキングにも良い影響を与えたという結果を得ることができましたので、口コミと同じく、投稿も非常に大切だと考えることができます。

 

その理由を申し上げますと前章でランキングを決定しているGoogleのルールの中で、検索ユーザーの行動シグナルという要素があったと思います。
こちらは検索ユーザーがあなたの経営する飲食店のビジネス情報を見て、どのような行動をしたか?ということです。

もちろんビジネス情報を全くクリックされないのが一番ダメです。
何かしらの行動をユーザーにさせた方がランキングに有利になるわけです。

そこでユーザーの行動は「電話する」「経路で道順を調べる」「ウェブサイトを見る」「投稿を見る」などがありますが、
電話する、道順を調べるというのは「飲食店に行く気十分な人だけがする行動」ですのでハードルが高いですよね。
あと、「ウェブサイト」という言葉もいまいち魅力的ではありませんので、これでは行動させにくいです。

そこで「投稿」が、とても大切になります。
魅力的な言葉と画像にしておけばユーザーの行動を促しやすいので、その結果ランキングが上昇するというわけです。

 

 

3.お客様目線で考えることが大事

さて、ここまでMEO対策とネット予約について色々とお話いたしましたが、分かりやすくお伝えすると、お客様目線で考えることが大切です。

前回の記事でもお伝えしたように「いま、お店探しの結果は地図で表示される」ようになってきています。
あなたがお店の利用者であれば以下のお店のどっちに行きたいですか?

「広告で表示される飲食店」VS「検索上位の飲食店」

「パッと見て情報が伝わらない飲食店」VS「パッと見てすぐ雰囲気が伝わる飲食店」

「口コミ3件の飲食店」VS「口コミ50件の飲食店」

「口コミの評価の低い飲食店」VS「口コミの評価が高い飲食店」

という形で、MEOとかそういったテクニカルな話ではなくて、お客様目線で考えることが非常に重要で、かつ間違いがないかなと思います。
そう考えるとGoogleマイビジネスを充実させることが今後どんどん大切になってくるとお分かりいただけるかと思います。

 

 

4.リピートさせる仕組み作りが大事

さて、ここまでのノウハウを実施して、あなたの経営する飲食店の露出を増やして集客に繋げたら、そのお客様に常連様になってもらうことも大事です。

Googleマイビジネスを充実させて、あなたの経営する飲食店にご来店いただいた新規のお客様に、ポイントアプリをダウンロードしてもらってファンになってもらう。そうした施策は当社が最も得意している部分になりますので、ぜひ資料をダウンロードしていただくかお気軽にお問合せください。

飲食店の販促をトータルでサポートしているのはレストランスターだけです。
あなたのお問合せをお待ちしております。

 

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。