飲食店コンサルタントの皆様へ

この記事を書いた人
アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
アクティブ・メディア株式会社 飲食店サポート事務局
店舗公式アプリ作成サービスを通じて飲食店の顧客台帳経営と販促をサポート。 その内容が「Withコロナ時代の即戦力アプリ」、「最も飲食店経営に寄り添ったサービス」として農水省後援の外食産業貢献賞を受賞する等、飲食業界や公的機関から高く評価。 このコラムでは3,000店以上のサポート実績から得た独自ノウハウや事例を公開する等、飲食店経営に役立つ情報を発信している。

私たちが提供する飲食店公式アプリ作成サービス|レストラン★スターのサイトをご覧いただきありがとうございます。

当サービスでは、共に外食産業の活性化を目指していただけるパートナー様を募集おります。
「クライアントにもっと喜んでもらいたい!」とお考えの飲食店コンサルタントの方には特にオススメです。

レストラン★スターは飲食店様の公式アプリを通じて『顧客台帳データの収集と分析』や『販促効果の最大化』をお手伝いするサービスで、現在3,000店舗以上のサポート実績を持っています。

このページでは「どのように飲食店様のお役に立てるのか?」を、これまでの実績を交えながら4つのポイントにフォーカスして具体的に紹介いたします。

さらに詳しく知りたいなど、ご関心いただけた場合は、お気軽にご相談ください。
実際の店舗様の活用事例などを交えて詳しくご案内いたします。

↓ ↓ ↓

 

Point1|顧客データの獲得

飲食店公式アプリ作成サービス|レストラン★スターなら、ご来店いただいたお客様を効率よく会員化することが可能です。

その具体例を紹介します。

 


アプリなら顧客データを集めやすい

飲食店経営において顧客データを集めて活用することはとても重要です。
そのため、メルマガ・SNS・LINE公式アカウント(旧LINE@)などを運営して顧客データの収集と活用に力を入れている飲食店様も非常に多いです。

しかし、多忙を極める飲食店では、顧客データを集めるためにお客様に会員登録をお勧めしたり、登録のサポートをする余裕がないことが多く、「メルマガでは顧客データが集めにくい…」というお悩みをお持ちの飲食店オーナーが多いです。

 

その点、私たちが作成する飲食店公式アプリであればお客様がご自身でダウンロードして登録してくれやすいので、お客様にも現場のスタッフにも作業負担が少なくなります。
そのため、来店したお客様の多くが会員になってくれやすくなります。

さらに私たちは飲食店のご来店されたお客様が「これならアプリ会員になった方が絶対に得だよね!」という特典を一緒に考えて、アプリ会員になることを勧めるPOPを作成するなど、会員獲得をサポートしております。

※下記が実際の店内掲示用のPOPです。

 

このようなサポートによって、全来店客数の内の40~60%のお客様にアプリ会員になっていただくことに成功している等の実績も出ております。

※会員化率はエリア・業種・特典などによって異なりますので上記の%は一例です。
例えば「サブスクサービスに力を入れている飲食店は会員化率が高い」など、色々な要素があります。

 

飲食チェーン店様の事例1年でアプリ会員20万人|レストランチェーン店「ステーキのあさくま」様

アプリ会員募集POP_ステーキのあさくま


1年でアプリ会員10万人|ラーメンチェーン店「蒙古タンメン中本」様
アプリ会員募集POP_蒙古タンメン中本


アプリ会員8万人(来店数の40%が会員化)|焼肉チェーン店「食辛房」様

 


アプリなら集めたデータを活用しやすい

顧客データの収集と活用に力を入れるためにSNSを運営している飲食店様も多いです。
お客様の多くが何かしらのSNSを普段から利用している可能性が高いためフォロワーを増やしやすいからです。

しかし、SNSでは「どのお客様がフォロワーなのか?」などフォロワーの基本データを得ることはできません。
そして、「フォロワーの何人が来店したか?」「そのフォロワーはリピートしているか?」「SNSの販促効果はいくらくらい?」など詳細な購買データを得ることはできません。

 

その点、私たちが作成する飲食店公式アプリであれば、会員登録時に『お名前』や『生年月日』だけでなく、『大切な方の記念日』なども聞き取ることが可能など、得られるデータの質が違います。(登録項目は自由にカスタマイズ可能)

そして、アプリ会員様が来店する毎にポイントを付与する機能を持っておりますので「どのアプリ会員様が、いつ来店して、いくら使ったのか?」という購買データを手間なく得ることができます。

SNSを販促に活用した場合は「周年キャンペーンの告知を〇〇人が「いいね」してくれて、売上が〇%UPした」などの実績が得られると思いますが、私たちが提供する飲食店公式アプリの場合は「周年キャンペーンは、開封率〇%、来店率〇%(年代別・性別・会員ランク別)、〇円の売上に繋がった」など詳細な実績データを得ることが可能になります。

 

さらに、私たちはアプリ会員に配信するメッセージの企画立案や作成や配信を代行して、その販促結果を詳細にレポートするサポートを行っています。

※下記が実際の販促メッセージ作成代行サポート例です。

メッセージ作成代行の実績例【事例1】誕生日メッセージを配信して1,800人以上が来店|焼き肉レストラン「ハートフル一心亭」様

【事例2】ハレの日メッセージを配信して4,600人以上が来店|焼肉チェーン店「食辛房」様

 

以上のように、詳細な顧客データと販促データを集めることができますので、「新メニューの開発や新店舗出店の検討材料として非常に役に立つ!」と多くの外食系コンサルタントの方に高く評価していただいております。

↓ ↓ ↓

 

 

Point2|販促の費用対効果が高い

前項のSNSと同様に、顧客データの収集と活用に力を入れるためにLINE公式アカウント(旧LINE@)を運営している飲食店様も多いです。
こちらもSNSと同じで、お客様のほとんどがLINEを普段から利用しているため登録してもらいやすいのが特徴です。

しかし、LINE公式アカウント(旧LINE@)は登録者数やメッセージ配信数が増えれば増えるほど、運用コストが大きくなります。例えば10万人の登録者に対して「きめ細かいアフターフォローのメッセージを配信する」などの販促を実施すれば毎月のコストは膨大なものとなるでしょう。

その点、私たちが提供する飲食店公式アプリ作成サービスなら、会員数やメッセージ配信数がどれだけ増えても、運用コストは定額です。安心して会員数を増やすことができて、きめ細かいアフターフォローを実施することができます。将来的な費用対効果をお考えであればアプリに乗り換えていただくことを強くお勧めします。

ちなみにその他のLINE公式アカウントとの違いは以下となります。ご参考まで。

LINE公式アカウントとアプリの比較

※2021年6月時点です。

 

以上のようにSNSや公式LINEアカウントは、お客様がアプリを新しくダウンロードする手間はかからないのですが、獲得できる顧客データに限界があるため販促の幅の狭まり、費用対効果も高くなりにくいです。

飲食店公式アプリなら「ダウンロードして登録してもらう」というハードルさえクリアできれば、高品質な顧客データを獲得できるため販促の幅が広がり費用対効果は高まります。飲食店様はお客様により喜んでいただける販促を実施できるようになる!というわけです。

私たちの作成する飲食店公式アプリなら「ダウンロードして登録してもらう」というハードルをクリアするための仕掛けをたくさん持っていますので、顧客台帳経営の強化をお考えであればレストラン★スターにお任せください。

↓ ↓ ↓

 

 

Point3|テイクアウト

次に紹介するのが、アプリからテイクアウト・デリバリーの注文ができるモバイルオーダー機能です。

この機能は、前章の最後で少しお話した「ダウンロードして登録してもらう」というアプリ販促のハードルをクリアするための仕掛けの1つです。

ご来店いただいたお客様は、アプリをダウンロードすれば「来店毎にお得なポイントが貯まって使える!」というだけでなく、テイクアウトのオーダーと決済ができて便利になって「テイクアウトの利用にもポイントが貯まって使える!」というメリットがあります。
このようにアプリをダウンロードすれば「お得なだけじゃなく便利にもなる!」というメリットを作ることによってハードルをクリアすることができます。

そして、飲食店様側はテイクアウトの顧客データも得ることができるようになります。

・テイクアウトしたアプリ会員様がその後来店しているか?

・アプリ会員様の〇%がテイクアウトを利用している

・テイクアウトを利用したことがない方へ専用クーポンを配信

など、テイクアウトと来店の両方の購買データも集められて、販促も一元化することができます。
一元化することで、テイクアウトの利用者を増やすこともでき、その後の来店に繋げたり、その他に通販やサブスクなど新しいことを始めた時に利用を促すことなどもできます。
こちらはテイクアウトの外部サービスを利用するのではなく、自社の公式アプリでテイクアウトを運用することで実現できるようになります。

「テイクアウトの利用者を増やしたい!」「新しい販路として強化したい!」などお考えであればレストラン★スターにお任せください。

↓ ↓ ↓

 

 

Point4|アンケート調査

最後に紹介するのは、アプリ会員様へアンケート調査ができる機能です。

飲食店経営においてQSCは非常に重要ですので、紙のアンケートや覆面調査を実施されている飲食店様はとても多いです。

しかし、紙のアンケートだと回収率が低く、回収した後のデータ分析にも時間がかかります。

そして、覆面調査はコストが高く、調査員によって傾向が異なるので、数を取ることがなかなか難しい傾向にあります。

 

そんなお悩みを解決するのが、私たちが作成する飲食店公式アプリのアンケート機能です。
アンケートを飲食店経営に活用するには『質』『量』『回数』の全てが重要です。

アプリのQSCアンケートが効果が高い理由

アンケートの設問は自由にカスタマイズすることができるので『質』の高いアンケート調査が可能です。

そして、アプリ会員様に「アンケートに答える特典GET」などでお願いすることができますので、たくさんの『量』のアンケート回答を得ることができます。

さらに、アンケート回答データはすぐに収集してレポート分析することができますので、たくさんの『回数』を実施することができます。

 

また、アプリのアンケート機能なら追客までできます。

追客例QSCアンケートを分析したら「料理の提供スピード」の点数が低かった…

早速、現場スタッフに共有して改善を実施した。

メニューを絞る

改善効果が確認できたので、アンケートで「料理の提供スピード」の点数を低くしていた最近来店のないアプリ会員様へ「改善いたしましたので是非またお越しください」とアプローチすることができる。

 

以上のように、私たちが作成する飲食店公式アプリによるQSCアンケートなら「安い!」「早い!」「カスタマイズできる!」「集計が早くて簡単!」「追客まで出来る!」という、たくさんのメリットがあります。

これまでの紙のアンケートや覆面調査の費用対効果に悩んでいた…などお考えであれば、レストラン★スターにお任せください。

↓ ↓ ↓

 

 

飲食店様のお喜びの声

それでは最後に導入した飲食店様のお喜びの声を紹介します。

 


広島県の焼肉チェーン店「食辛房」様|金 専務

お客様と強い絆を作るためのリピート戦略を効果的に行いたいと思いアプリを作りました。

サポートはレスポンス早く対応いただけるので助かっています。
販促を代行してくれたり、メッセージ画像の作成などをサポートをしていただけるので、とても助かります。
販促効果の分析レポートのデータをもとに、定期的に全社員にマーケティングの勉強会も実施しています。

飲食店として、他社と他業種と差別化するには「サービス」力を高めることが大切です。
優秀な店長だけができる属人的要素に頼ることなく、本部としては「サービス」力を高める仕組みを考えなければなりません。
簡単に顧客情報を収集し、サービス力を高める仕組みの土台となるシステムとしてオリジナルアプリ「レストラン★スター」はとても有効ですよ。

 


青森県の焼肉チェーン店「ハートフル一心亭」様|小野 社長

「レストラン★スター」の導入効果は抜群です。

アプリに変えてから1年半で2万人以上のお客様にアプリ会員になっていただけました。
しかも、アプリ会員様には「ご家族の誕生や記念日」などもご登録いただいているなど、顧客台帳データの充実度は以前の3倍以上になっています。

機能面でも、ポイント特典・クーポンDM・顧客動向分析など、複雑な販促業務を一元管理できます。
手間と経費を大幅に削減できるだけでなく、お客さま一人ひとりを尊重した幅広い提案が可能となり、販促通知の効率も飛躍的に向上しました。

また、アプリ機能をカスタマイズできるのも利点です。
可能な限り要望に沿った独自機能を設定していただけます。
開発担当者と密に連絡を取り合い、現状課題を分析、導入効果を算出し、当方の販促プランをもとにDM内容などを相談できるなど、その対応には本当に感心しています。

 

以上のように、アプリ導入後のサービス継続率は98%を維持するなど「アプリを開発するだけでなく運用を徹底サポート」している点に高い満足度とご評価をいただいております。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲食店公式アプリ作成サービス|レストラン★スターなら、顧客データの収集と活用が強化されます。

そして、1年に1回など定期的にデータ分析レポートを提出するサポートを行っていますので、そのレポートをクライアント様のためにご活用いただけます。

顧客や販促の細かい数値まで追えるようになり、コンサルティングの幅が広がります。

 

✓高品質な顧客台帳データをたくさん集めたい!

✓新しい販路としてテイクアウトなどを強化したい!

✓覆面調査の費用対効果をUPしたい!

などをお考えの飲食チェーン店様を顧客に持つコンサルタントの方は、まずはお気軽にご相談ください。
実際の店舗様の活用事例などを交えて詳しくご案内いたします。

↓ ↓ ↓

 

 

それでは、この記事は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。