飲食店の通販(オンラインショップ)運営のデメリットをアプリで完全解決&サービス徹底比較

この度、飲食店オリジナルアプリ作成サービス『レストランスター』に、いくつかの新機能が追加されました。
その中の一つがアプリ内通販(オンラインショップ)機能です。

通販(オンラインショップ)機能は、クライアントである飲食チェーン店様からも最もリクエストが多かったものです。

また、新型コロナウィルス感染症の影響による客数減少の対抗策としても活躍しました。
もちろん、アフターコロナでの飲食店経営に大活躍することも間違いありません。

この記事では、飲食店で通販(オンラインショップ)を運営するメリットや活用例などを実際のアプリでの運用を交えながら詳しく紹介します。
最後に通販(オンラインショップ)サービスの比較も紹介しますので「通販(オンラインショップ)に関心がある!」という方は是非ご一読ください。

 


<この記事の目次>

1.アプリ内通販(オンラインショップ)機能とは

2.通販(オンラインショップ)がアフターコロナで活躍する理由
 2-1.通販(オンラインショップ)のメリット
 2-2.通販(オンラインショップ)のデメリット

3.通販(オンラインショップ)サービスの比較
 3-1.ショッピングモール型
 3-2.ASP型
 3-3.独自導入型
 3-4.アプリなら来店・通販を一元管理

 

ちなみに、飲食店の通販(オンラインショップ)を成功させるノウハウを公開するWebセミナーを無料開催します。

もし宜しければ是非ご参加ください。

 

 

1.アプリ内通販(オンラインショップ)機能とは

飲食店オリジナルアプリ作成サービス『レストラン☆スター』のアプリ内通販(オンラインショップ)機能とは、飲食店が通販(オンラインショップ)用に登録した商品を、アプリ会員様が購入できるといったものです。

決済用クレジットカードや住所などの登録手続きは初めの1回だけでよく、購入すると購入完了のメッセージや、発送完了のメッセージがアプリ内に通知されますので非常にシンプルです。

また、アプリ会員様は来店しての飲食店利用でも、通販(オンラインショップ)での利用でも、どちらでもポイントが貯まって使うことができます。

 

一方、飲食店はアプリ会員様の来店・通販(オンラインショップ)のどちらの利用でも顧客管理ができ、販促も一元管理できます。

例えば、「通販(オンラインショップ)の利用が少ない顧客に『通販(オンラインショップ)で使える割引券』をプレゼントしたり」、「来店や通販(オンラインショップ)の利用回数が多いVIP客は通販(オンラインショップ)の送料が半額になる」などの販促が可能になります。

さらに、通販(オンラインショップ)で30日間飲み放題チケットなどのサブスクリプションサービスを販売し、利用期限が切れそうになるとメッセージをPUSH通知でお知らせして来店を促したり、自動更新でサブスクリプションサービスを購入していただくことも可能です。

 

以上、簡単に弊社のサービスについて紹介しました。

さらに詳しく知りたいという方は、資料やデモなどをメールで送付いたしますのでお気軽にお問合せください。

※資料ダウンロードはこちら

 

 

2.通販(オンラインショップ)がアフターコロナで活躍する理由

現在、私たちは3,000店舗以上のシステム導入実績がありますが、新型コロナウィルス感染症が発生する前からクライアント様より通販(オンラインショップ)機能の追加のリクエストは多少ありました。

しかし、2020年2月頃から新型コロナウィルス感染症が増え始めた頃から、通販(オンラインショップ)機能の追加依頼が急激に増えました。

私たちも外食利用者が減少する可能性が高くなるため、通販(オンラインショップ)機能が早急に必要となると考えてリリースした次第です。

 


2-1.通販(オンラインショップ)のメリット

通販(オンラインショップ)がアフターコロナで活躍する理由は『ご来店がなくても売上が作れる』ということです。

私たちが懸念していた通り、政府より外出自粛要請が出て、緊急事態宣言まで発令されることになり、外食利用者は大幅に減少しました。

しかし、外食をしなくなったとしても「自炊が苦手な人」もいますし、「プロの味が恋しいと思う人」もいますし、「馴染みの飲食店を応援したいと思う人」もいます。

そうした方々の想いに応える手段の一つとして通販(オンラインショップ)機能は大活躍しています。

外出自粛要請や緊急事態宣言中に、通販(オンラインショップ)が活躍した例をいくつか紹介します。

・プロのおつまみセットを販売した。

・お家で簡単に作れるレシピセットを通販で販売した

・営業再開後に使用できるお食事券を販売した

などなど。
ご来店いただかなくても安心してお店の味を楽しんでいただける仕組みとしてお客様にも大好評です。

 


2-2.通販(オンラインショップ)のデメリット

通販(オンラインショップ)を運営し始める前などは、容器の仕入れなどが大変だというデメリットがあると思いますが、運用後に最大のデメリットとして挙げられるのが顧客管理でしょう。

次の章で紹介しますが、楽天・Amazon・BASE・STORESなど一般的な通販(オンラインショップ)サービスでは、オンライン利用客と、実際に飲食店に来店したリアルなお客様との情報の紐づけが難しいでしょう。

居酒屋 HP 集客 アイキャッチ

オンラインとオフラインの両方の利用状況が一元管理できないと、客層別の人気商品の把握も、リピート率の把握も、今後の戦略立てものできません。
せっかく利用回数が増えているのに、それをデータで把握・分析できないのは非常にもったいないですよね。

そして、利用回数の多いお客様を特別扱いするなどのこともできません。
せっかくお店のことを考えて、たくさん利用してくれているお客様ですから何かサービスをしてあげたいですよね。

 

そんなお悩みを解消できるように、私たちが提供する飲食店オリジナルアプリ作成サービス『レストラン☆スター』では、来店・通販どちらの利用も一元管理でき、販促も統一できます。

飲食店アプリであれば、通販(オンラインショップ)の最大のデメリットを完全に解決することができます。

 

 

3.通販(オンラインショップ)サービスの比較

それではこの記事の最後に、現在たくさんの種類がある通販(オンラインショップ)サービスについて解説します。

通販(オンラインショップ)サービスは大きく3種類に分けることができます。

・ショッピングモール型

・独自導入型

・ASP型

 

それぞれの特徴やメリット・デメリット、代表的なサービスのコストなどを紹介します。

今後、あなたの経営する飲食店で、通販(オンラインショップ)を運営したい!とお考えであれば、ぜひ比較検討の材料にしてくださいね。

 


3-1.ショッピングモール型

まず最初にショッピングモール型から解説します。

ショッピングモール型通販(オンラインショップ)サービスで有名なのは以下の3つです。

・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング

上記のような大規模なインターネット上のショッピングサイトがあり、その中にあなたの経営する飲食店の通販(オンラインショップ)を出店する、という感じです。

ショッピングモール型通販(オンラインショップ)サービスのメリットは、やはり圧倒的な集客力でしょう。

このショッピングモールに行けば欲しいものが何でも揃っている!というイメージがありますので、多くのユーザーが集まります。

ですので、有名店でなくても上手に出店することでたくさん販売することができるでしょう。

 

一方で、デメリットは他のお店と差別化し辛いという点でしょう。

例えばあなたの経営する飲食店の通販(オンラインショップ)で販売している物と似たような物があちらこちらで売っているような感じになります。

そのため、買い物客がそのたくさんの類似品の中から商品を選ぶ判断は「値段が安い」などの理由になってしまいがちです。

そうなると価格競争に巻き込まれてしまい薄利になってしまいます。

 

さらにショッピングモールの知名度が高いことも見過ごせません。

知名度が高いからこそ人が集まるのですが、そこで商品を購入したお客様はあなたのお店から買った、というよりは「楽天で買った」というイメージが強く残りがちです。

ですので、あなたのお店が購入者に覚えてもらいにくく、ファンになってもらえないどころか、リピート利用さえ難しくなるでしょう。

購入者は、次回同じような商品を買う時に最安のお店を探して、そのお店から買う可能性が高くるわけです。

こうした事象も価格競争に巻き込まれやすくなる原因の一つです。

 

出店料が高く、制約が多いこともデメリットです。

以下、ご参考までにショッピングモール型通販(オンラインショップ)の費用を紹介します。

 

・Amazon

初期費用:0円
月額:4,900円
販売手数料:75,000円
決済手数料:0円
契約期間:なし

 

・楽天

初期費用:29,400円
月額:7,200円
販売手数料:34,000円
決済手数料:17,355円
契約期間:6ヶ月~1年

 

・Yahoo!ショッピング

初期費用:0円
月額:13,102円
販売手数料:0円
決済手数料:15,000円
契約期間:なし

 


3-2.独自導入型

次に独自導入型ですが、こちらはあなたが通販(オンラインショップ)を自分で作ることです。

一般的には「EC-CUBE」さんなど通販(オンラインショップ)のシステムを作っている会社から、そのシステムを購入して、自分でサーバーを借りて開設するような感じです。

こちらはショッピングモールに出店するのではなく、土地を借りて自分で建物も作ってお店を始めるようなイメージです。

 

独自導入型のメリットは「できないことはほぼない!」と言えるほどの自由度の高さです。

自分のやりたいデザインや機能を付けて、他の通販(オンラインショップ)と差をつけることがしやすいです。

 

また、運営費が安価なのも大きなメリットです。

通販(オンラインショップ)システムは一度買ってしまいまえばその後お金はかかりません。

運営にかかるお金はレンタルサーバー費と、通販(オンラインショップ)でクレジットカード決済ができるようにするのであればその手数料が発生するだけです。

 

デメリットは、通販(オンラインショップ)を作って運営していくための知識と技術が必要だということです。

何かトラブルが起きた時は全て自分で対処しなくてはなりません。

 


3-3.ASP型

最後にASP型を解説します。

ASPとは「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略で、ASP型の通販(オンラインショップ)サービスで有名なのは以下の3つです。

・カラーミーショップ
・BASE
・STORES

上記のような通販(オンラインショップ)サービスを運営している会社のサーバー(管理画面)にログインして、その中に商品や店舗の情報を入力して、通販(オンラインショップ)を作る仕組みのことです。

前項で紹介したショッピングモール型と似ているように見えますが、ASP型はショッピングモールに出店するのではなく、それ以外の場所(例えばビルのテナント)に出店するような感じです。

 

ASP型通販(オンラインショップ)サービスのメリットは、他のお店への離反がされにくいことです。

ショッピングモール型は、あなたの代わりに集客もしてくれますが、買い物客に他のお店の宣伝もされてしまい離反のきっかけを多く作ってしまいます。

一方、ASP型の場合はあなたのお店だけとなりますので離反されにくくなります。

 

逆に、デメリットは集客にあると言えます。

SEOやSNSなどでの発信力や、類似品に負けない商品力、他のショップとの差別化などが大切になります。

 

ASP型は比較的安価に通販(オンラインショップ)を運営することができます。

ご参考までにASP型通販(オンラインショップ)の費用を紹介します。

 

・カラーミーショップ

初期費用:3,000円
月額:3,000円
販売手数料:0円
決済手数料:4%~5.5%
契約期間:最短3ヶ月

 

・BASE
初期費用:0円
月額:0円
販売手数料:0円
決済手数料:3.6%+3%+40円
契約期間:なし

 

・STORES
初期費用:0円 or 1,980円
月額:0円
販売手数料:0円
決済手数料:3.6% or 5%
契約期間:なし

 


3-4.アプリなら来店も通販も一元管理

私たちが提供する飲食店オリジナルアプリ作成サービス『レストラン☆スター』であれば、来店・通販の利用を一元管理でき、販促も統一することができます。

前項で紹介した通販(オンラインショップ)サービスでは出来ないことが出来ます。

 

現在は緊急事態宣言も解除され、Go To キャンペーン事業も開始されるなど、経済活動が再開され外食利用者も再び増えそうな気配はあります。
しかし、その一方で東京都では感染者数が連日200名を超えたこともあるなど、第二波も心配されています。

また、自粛要請や緊急事態宣言が発令されるかもしれない…そんな不安も拭いきれません。
はっきり言って「今後どうなるか?」というのは誰に分からないという状況です。

そうした時期がこれからも続いていくわけですので、あなたの経営する飲食店でも通販(オンラインショップ)の仕組みを持っておいてはいかがでしょうか?

通販(オンラインショップ)をご検討される時は、オンライン・オフラインの販促と顧客台帳データを一元管理できる『レストラン☆スター』にご相談ください。

 

私たちは飲食店経営に最も寄り添ったシステム開発と販促コンサルティング会社であると自負しております。

2020年7月に「外食産業活性化に貢献」「新型コロナの危機対応に尽力」「次世代型ビジネスの開拓」などの点を評価され、農林水産省後援の外食産業貢献賞を出前館さんと共に受賞しました。

アプリをご利用いただいている全ての店舗様の販促パートナーとして頼っていただける存在になることをお約束します。

まずはお気軽にお問合せ・資料のダウンロードをしてください。

 

※資料ダウンロードはこちら

 

それでは、この記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。