飲食店の集客で今すぐ絶対やるべき具体策【MEO対策・Googleマイビジネス・ローカルSEO】

この記事では、飲食店がインターネットを活用して集客する方法を紹介するものです。

今回紹介するネット集客法のMEO対策とは、Googleマイビジネスというツールを活用した集客のことで、ローカルSEOとも呼ばれています。
こちらは私たちのクライアントの店舗様で、広告費0円で集客につながった実績が多数出ているオススメに施策になります。
この記事で、覚えて欲しいっていうことはシンプルで「今すぐGoogle マイビジネスに登録して集客しましょう」ということ。

そして、登録方法について徹底解説します。

 

ちなみに、飲食店のGoogleマップ集客をテーマにしたWebセミナーを無料開催します。
是非ご参加ください。

 


<この記事の目次>

1.なぜ、いまMEO対策なのか?
 1-1.飲食店の市場規模を図るには
 1-2.飲食店ネット集客の現状課題
2.飲食店集客にGoogleマイビジネスがどう活用できるのか
 2-1.Googleマイビジネスとは?
 2-2.なぜ、集客に繋がるのか?
3.Googleマイビジネスが飲食店集客に役立つ2つの理由
 3-1.利用者が爆発的に増加している
 3-2.今後Googleが最も力を入れていく分野である
4.Googleマイビジネスの登録方法を解説


 

1.なぜ、いまMEO対策なのか?

この章では、飲食店の集客において、なぜMEO対策がオススメなのか?についてお伝えします。

 


1-1.飲食店の市場規模を図るには

それでは、飲食店のMEO対策による集客ノウハウを解説させていただくにあたり、まず最初に「このノウハウの内容はどんなものか?」について簡単に説明いたします。

飲食店ビジネスにおける売上アップの仕組みですが、「売上」と言うのは「客数」と「単価」をかけたものになります。
つまり、売上をアップさせるためには、この2つの要素をアップさせる事が必要となるわけです。

売上 = 客数 × 単価

 

そして、今回この記事では集客ノウハウを紹介するものですので、客数の方の要素をアップさせる方法についてお話となります。

そして今回、インターネットを使って客数をアップさせるノウハウ。
つまりネット集客にスポットを当ててお話させていただきます。

集客をするホームページを作る為のポイント

その理由としては「今後の飲食店集客ではインターネット対策が重要になることが多い」からです。

いわゆる通りすがり来店客の多い駅前にある飲食店の集客では、そのエリアにどれくらい人口がいるのか?などといった商圏データを調べることや、看板を目立つようにする工夫なども大切になります。

ただ、それと同じくらい大事になるのがインターネット上の検索量です。
現在、あなたが経営されている飲食店の市場規模を図るにはインターネット上の検索量もとても大事になりますので、今回はネット集客にスポットを当ててお話します。

 


1-2.飲食店ネット集客の現状課題

そして、現代は様々なネット集客の方法があります。

例えばホームページやブログを運営して見てくれる人を増やす集客方法。
SEO対策というものがあります。

SEO対策とは、特定のキーワード(例えばGoogleやYahooで渋谷 焼肉で検索した)結果の上の方に、あなたの経営する飲食店のホームページやブログが表示されるように工夫する施策のことで、聞いたことのある方も多いと思います。

次にフェイスブックやインスタグラムなどのSNSで飲食店の公式アカウントを作って運営し、見てくれる人を増やす集客方法があります。

最後にクーポンサイトやグルメサイトなどに掲載することなどが主なネット集客法ですよね。

 

こうしたネット集客法にはそれぞれに課題があります。

SEO対策であれば、まず自社のホームページが必要になります。
そして、今はホームページを作れば集客できる!といった単純な時代ではもうありません。
集客に結びつくよう上手に運営していくには、かなりの知識が必要になる。という課題があります。

SNSであれば他のユーザーとどれだけコミュニケーションを取っていけるか?ということが肝心になりますので、集客に繋がるようになるには手間と時間がかかるという課題があります。

そして、クーポンサイトは掲載費用や予約手数料がかかりますし、クーポンサイトを利用するユーザーの目的は「安く飲み食いできる飲食店を見つけること」ですので、値下げが必須になり価格競争に巻き込まれます。その結果、頼れば頼るほど利益が薄くなるといった課題があります。

それでも、多くの飲食店がクーポンサイトに頼る理由は、SEO対策、つまりインターネット検索に強いからです。
例えば「渋谷 焼肉」とインターネットで検索したとします。
この記事を読んでいるあなたもご自分が経営されている飲食店がある「場所」と「業種」を入力し検索してみてください。

渋谷焼肉で検索

検索した結果で、集客に繋がりやすい上の方に表示されるのはクーポンサイトばかりです。
そしてクーポンサイトより上位に表示させるようにするのは、ものすごく難しいです。
エリアにもよりますが「SEO対策の専門家でない限り、クーポンサイトに勝つのは無理」といっても言い過ぎではないと思います。

それであれば、クーポンサイトに掲載した方がネット検索で上位に表示されるようになるため集客できる可能性が高まりますよね。
そうした理由から、頼れば頼るほど利益は薄くなってしまうにも関わらずクーポンサイトに掲載するというわけです。

ネット集客の現状課題

このような現状が飲食店のネット集客における課題と言えます。
そんな課題を打破して、飲食店が広告に頼らず自力で集客できるようになるための、いま絶対やるべき具体策を次章から紹介します。

 

 

2.飲食店集客にGoogleマイビジネスがどう活用できるのか

この記事で紹介するのはGoogleマイビジネスというツールです。
こちらはホームページがなくても無料で今すぐ簡単にできて、クーポンサイトよりも上位に表示される可能性が高い、いま注目の新規集客ツールになります。

 


2-1.Googleマイビジネスとは?

まずGoogleマイビジネスとは?という基礎的なお話をいたします。

聞いたことがある方も多いと思いますが、GoogleマイビジネスとはGoogleが無料で提供している店舗情報を管理するツールで、飲食店集客に大きく貢献してくれます。

Googleマイビジネス紹介画像

無料登録しておくことによって、ホームページが持っていなくても上記画像の赤枠部分のように飲食店の住所や電話番号、営業時間などを検索ユーザーに伝えられたり、既存のお客様から口コミを投稿してもらって飲食店の魅力を伝えられたり、キャンペーンや新商品の情報などを発信することができるといったものです。

どのような店舗情報をユーザーに伝えられるのかを、ざっと説明します。

Googleマイビジネス表示

◆写真
外観・店内・料理・スタッフなどの写真が表示されます。

◆ビジネス名
飲食店の店舗名です。

◆サイトリンク
ユーザーはウェブサイトをクリックすると(飲食店が設定した)ホームページやブログなどに移動できます。

◆ビジネスカテゴリ
居酒屋、レストラン、カフェなどのカテゴリーが表示されます。

◆住所
飲食店の住所です。

◆電話番号
飲食店の電話番号です。

◆問合せ
ユーザーは飲食店に問合せをすることができ、問合せに回答することができます。

◆混雑状況
飲食店の営業時間の中で混雑している時間帯が表示されます。

◆評価・口コミ
ユーザーは飲食店を5点満点で評価することができ、その評価は☆で表示されます。
また、ユーザーは口コミレビューを投稿することができ、飲食店はその口コミに返信することができます。

◆投稿
飲食店はキャンペーンや最新情報などを投稿することができます。

 

 


2-2.なぜ、集客に繋がるのか?

また、皆様も一度は見たことがあると思います、こちらのGoogeマップ。
Googleマイビジネスに無料登録しておけば、この地図でも情報が反映されるようになります。

Googleマップのお店検索結果

そして集客にどのように活用できるのか?と申し上げますと、お客様がご自分のいる地域で飲食店を探した時に、あなたの経営する飲食店の情報が表示されるようになります。

例えばGoogleマップで「北千住」「焼肉」などと検索した時に、その結果ずらっと出てきます。
その中に自分の飲食店の情報も表示されるので、それを見て気に入ってくれた人が来店してくれるようになるという感じです。

 

ご自分の飲食店が登録してあるかどうか?を確認するには、実際に自分の店名を正確に入力して検索してみても情報が出てこない。もしくは、出てきた情報に「ビジネスオーナーですか?」と表示されていたら登録できていませんのですぐ無料登録していただくことをオススメします。

 

登録の条件は、「店舗があること」と「Gmailを持っていること」の2つだけです。
登録方法はGoogleの指示に従って次へ次へと入力していくだけなので簡単です。

 

そして、登録が完了したらあなたの経営する飲食店の情報が出てくるようになるわけですが、当然のことながら、この地図での検索結果で自分の飲食店が上の方に表示される方が見られる確率が高いので集客に結び付きやすいですよね。

検索結果で上の方に表示させるために工夫する施策をMEO対策と呼びます。
※MEOはSEOと似ていますが、MEOはMAP(地図)のMで、SEOはSearch(検索)のS,それだけの違いです。

 

この記事でお伝えしたいのは、とてもシンプルで「Googleマイビジネスに登録してMEO対策をすると集客ができるようになるので今すぐ実施しましょう!」ということです。

ただ、ここまでの話を聞いてきて「Googleマップでお店探す人なんているの?」と思われた方もいらっしゃると思います。
実はいま!そして、今後の飲食店ビジネスにとって大きなメリットを生むようになってきています。次章で詳しく紹介します。

 

 

3.Googleマイビジネスが飲食店集客に役立つ2つの理由

Googleマイビジネスが飲食店集客に役立つ理由を2つ紹介します。

 


3-1.利用者が爆発的に増加している

まず理由の一つ目は「利用者が爆発的に増加している」という点です。

日本国内の70%の人がGoogleを使って検索し、その内の90%がGoogleマップを利用し、その内の80%がGoogleマップで発見した店舗を利用したことがある

Googleマップでお店を探す人が増えている

といったデータがありまして、こちらは日本人全体で言うと50%以上になります。

 


3-2.今後Googleが最も力を入れていく分野である

そして理由の2つ目として「今後Googleが最も力を入れていく分野である」と公式に発表していて、地図ビジネスに年間数千億円の予算を使っています。

皆さんの中にもGoogleのコマーシャルで「いい感じのカフェ」と入力しただけでお店が表示されるのを見たことがある方がいらっしゃると思います。最近だと「近くのシャバシャバのカレー」というコマーシャルになってますよね。
人工知能や音声認識の技術向上によって、そのCMのような現象が身近になりつつあります。

※参考動画(↓)

 

最近では、スマホだけでなくGoogleホームといった商品も人気を集めていますので、これからの「お店探し」の検索結果はGoogleマップで表示されるようになってくると思います。

実際に、いまGoogleの検索結果は地図が優先的に表示されるよう仕様になっています。
こちらが検索結果ですが、お店探しをした時は、サイトを紹介するよりも前に、地図が表示されます。

Googleの検索結果は地図が優先して表示

広告の次に表示されるという優先順位の高さですので、いかにGoogleが地図ビジネスに力を入れているのかがよく分かります。

いかがでしたでしょうか?
こうした理由から、いま飲食店がGoogleマイビジネス対策に力を入れると集客に繋がりやすいため絶対にやるべき具体策である!と言えます。

 

 

4.Googleマイビジネスの登録方法を解説

①まずは、Googleマイビジネスの公式サイトに入ります。

GoogleマイビジネスTOP

②右上の今すぐ開始のボタンを押します。

Googleマイビジネス今すぐ開始

③そして、こちらのビジネス名、つまりあなたの経営する飲食店の店舗名を入力して次へをクリックします。

ビジネス名の入力

④そして、店舗であり、実際にお客様が訪れる場所ですか?という質問にはいと答え、次へをクリックします。

訪れる場所ですか

⑤次に、住所を入力して次へをクリックします。

住所を入力

⑥そして、地域サービスを提供してますか?と聞かれますが、こちらはデリバリーサービスなどのことですので、「いいえ、提供してません」を選んで「次へ」をクリックします。

拠点以外の地域

⑦そして、ビジネスの説明として的確なカテゴリを指定しますが、こちらは「居酒屋」「レストラン」「カフェ」などを入力し、「次へ」をクリックします。

ビジネスカテゴリ

⑧最後に電話番号ウェブサイトの設定を行います。
ウェブサイトはホームページをお持ちの場合は、そのホームページURLを入力します。
もしもお持ちじゃない場合はご自身の情報に基づいて無料ウェブサイトを作成するを選ぶと簡易的なホームページを無料で作成できます。
もしくはウェブサイトは不要ですのいずれかを選んで次へをクリックします。

連絡先

⑨最終確認画面が出てきますので終了をクリックしてビジネス登録は完了します。

⑪そして、そのビジネスが本当に存在するのか?この情報を登録したのは本当に当事者なのか?の確認をGoogleが求めてきます。
こちらはハガキを郵送してチェックする形となりますので「郵送先住所を入力して郵送」をクリックします。

数日経過するハガキがポストに届きますので、開封して中にある認証用の数字を入力して、オーナー確認が完了します。

※ちなみに確認が完了する前に、店名・住所・電話番号などの情報を変更するのはNGです。
ハガキが届くのが遅れる原因になっていましますので、修正したかったとしても、とりあえずハガキが届くのを待つようにしてください。

 

もしも2週間たっててもハガキが届かない…ということがあればGoogleに問合せをすると、すぐに対応してくれます。
Googleマイビジネスヘルプに行き、右上のお問い合せボタンをクリックします。

Googleマイビジネスヘルプ①

解決方法を探すというのが表示されますので、その中の「オーナー確認」をクリックします。

Googleマイビジネスヘルプ②

オーナー確認が表示されますので、その中の「ハガキをリクエストしてから14日以上経過している」をクリックします。

Googleマイビジネスヘルプ③

そうするとメールサポートが表示されますので、その中の一番下にある「Googleまでご連絡ください」をクリックして問い合わせることができます。こうすると翌日くらいには対応してくれることが多いです。

Googleマイビジネスヘルプ④

 

以上の作業がGoogleマイビジネスの登録作業です。
数日間かかるものの、非常に簡単な作業だったと思います。

まだ登録したことがないという方はこの記事を見ながら登録を進めてください。

次の記事では一番重要な集客に繋げるためのコツについて重点的にお話いたしますが、今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。