【飲食店の集客・販促セミナーの決定版】出張セミナー

セミナーアイキャッチ

飲食店を繁盛させるために必要なものとは?

この点について『顧客台帳を作成し』『お客様の声を集め』『経営に活かす』ためのロジックを学んでいただける、店舗のオーナー様・責任者様・スタッフ様向けのセミナーを、貴社に訪問して講演いたします。

・顧客情報の収集や活用に課題を感じている…

・お客様の声の収集や活用に課題を感じている…

・LINE@などを活用しているが、効果に不満がある…

こちら(↑)のようなお悩みをお持ちの飲食店様に最適な講演です。
集客を完全仕組化して売上を安定させたい!とお考えであれば是非お申込みください。


【レストランスター】出張訪問セミナーお問合せフォーム

 ↓ ↓ ↓

メールアドレス ※必須
貴社名(貴店名) ※必須
お名前 ※必須
電話番号 ※必須
ご住所 ※必須
貴社ホームページURL

 

飲食店QSC・顧客台帳活用セミナーで学べること

飲食店の生存率は、2年後が50%、10年後は10%と言われる厳しい世界。
『中食の台頭』『外食頻度の低下』『少子高齢化による胃袋の減少』『ちょい飲みサービスによる顧客の奪い合い』など競争が非常に厳しくなってきています。

それだけではなく、飲食業界は常に人手不足…。
こちらもサービス力の維持向上という観点から厳しい状況です。

 

そんな中、飲食店が繁盛するにはどうすべきか!?

セミナー講演を行う私たちは過去10年以上にわたり飲食店の販促実践データと、その飲食店を利用するお客様の行動データの分析コンサルティングを行ってきました。
その実績は現在3,000店舗以上になります。

その数多くの成功と失敗の事例をまとめることで、私たち独自の『繁盛飲食店の成功の法則』を導き出しました。
当セミナーでは、3つのロジックとして論点を絞り、国内・海外の最新事例を交えながら、明日から即実践できる形で分かりやすくお伝えします。

 

<繁盛飲食店 成功の法則 3のロジック>

・新規集客後のリピーター作り

・リピーターの離反防止

・VIP客の離反防止

 

<マーケティングの本場アメリカの未来型店舗を紹介>

・ランチ需要を取り込む可能性のある「Amazon Go」

・ディナー需要を取り込む可能性があるグローサラントという新しい業態の「イータリー」

などアメリカの最新事例を交えて、外食産業の未来を読み解きます。
飲食チェーン店の経営者様は必見の内容です。

 

<プロモーション動画>

 

 

講演実績

出張訪問セミナーだけでなく、外食産業の見本市・展示会などのイベントでも講演実績があります。

外食ビジネスウィーク(東京ビックサイト)での講演

焼肉ビジネスフェア(東京・大阪)での講演

焼肉ビジネスフェア(東京・大阪)での講演

 

これまでのご参加いただいた方の総数は800名以上!

参加者アンケート結果の満足度は98%以上!

 


<参加者の声>

「事例が具体的でイメージしやすかった。」

「お店にすごい役に立つお話でした!!お店でも再度考え、参考にさせてもらいます。」

「顧客台帳活用等の仕組みが非常に参考になりました。」

「VIP客に対して、いつも来店してくださるから、そこまで気にしていなかった。」

「LINE@での一斉配信の効果の低さに悩んでいた。ターゲットに分けたマーケティングの必要性を感じた。」

「新規集客と既存集客の違いなど、集客の基本を知る事が出来た。」


 

これまでにご参加いただいた飲食店様のご感想を分析すると、

「WEBや電話からの予約データを基に顧客台帳を作成されている飲食店様が非常に多いものの、
来店データを経営に活用できている飲食店様は非常に少ない。」

「顧客台帳の活用が、LINE@などでの一斉配信型の販促で留まっており、期待している効果が出ていないと悩んでいる。」

「紙のアンケートでお客様の声を集める活動はしているが、量が集まらず、経営に上手く活用できていない。」

「VIP客の離反(最近、来店がない etc.)に気付けていない。
VIP客へのケアは特に意識していない。」

という飲食店様が非常に多いということが分かりました。
当セミナーは、まさにそこを解決する理論と実例を学べるセミナーですので、もし貴社での上記に当てはまる部分があれば必ずご満足いただける内容です。

 

 

講演料・訪問エリア

出張訪問エリアは全国承ります。

講演料は、訪問エリアやご参加される人数によって異なります。

お見積りは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。


【レストランスター】出張訪問セミナーお問合せフォーム

 ↓ ↓ ↓

メールアドレス ※必須
貴社名(貴店名) ※必須
お名前 ※必須
電話番号 ※必須
ご住所 ※必須
貴社ホームページURL